行方日記

2016年3月11日

畳を剥がしてみたら・・・

先週の金曜日の夕方、「畳の表替えをしようと思って畳をはぐったら中がベコベコだ…」

と連絡をいただき急きょ、畳の下のコンパネを打ちかえることになりました。

床下の湿気のせいか床下地はベニヤが完全にふけていて撤去し、幸いネダは傷みが無かったために

コンパネに打ちかえ、今後のことも考えて床下換気扇を設置することになりました。

P1030384

 

 

 

 

床下の湿気などが原因でのカビ、シロアリ等有害な場合もありますので、

床下が土のままの場合は畳替え等の際に下地材のチェックをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

2015年5月27日

空き家対策法について

空き家対策法が施行されました。

全国で820万戸の空き家があり、そのうちの約700万個は何らかの管理がされているとのことですが

残りの120万個は管理がされていないことになります。

当社のある地域でも今年の冬は雪による倒壊などもあって今後何らかの対応が必要になってくると

思います。

国の施策としては住宅ストックの充実が謳われていますが、建築業界的にも新築住宅に依存している部分も

多くあり、「中古住宅に付加価値(リノベ等)を付けて…」という理想は都市部ではともかく地方では

まだ一般的な認識になっていないように思います。

空き家対策法では行政代執行として家屋の解体ができるようになりますが、空き家を壊した場合の

固定資産税の増加の問題などは残ったままです。人が住めるような状態ではないものは仕方がないと

してもある程度管理されているものであれば、一部の自治体では行っているようですが

Uターン、Iターン希望者を募って空き家をリフォームして子育て世代に適正な値段で供給することができれ

ば、地域の活性化に繋がり最大の空き家対策になるのではないでしょうか。

空き家対策法

空き家対策法(概要)

空き家対策法(ガイドライン)

2015年3月28日

協力業者会旅行に行ってきました

3月25、26日の二日間、静岡、横浜に協力業者会の3年に一度の旅行に行ってきました。

幸い天候にも恵まれて、一年中お世話になっている協力業者会の皆さんと英気を養い、今年も

頑張ろうと結束を高めてきました。

旅館の方に「協力業者会の旅行は多くあるけど、今日みたいに仲のいいのは初めてです」と言われて

非常に嬉しい思いをしました。

仕事に関わるすべての方が気持ち良く取り組める環境づくりが元請けの責任だと思います、そういった

雰囲気はお客さんにも伝わっていくと思いますので良い環境づくりを目指して行きたいと思います。

三島大社

三島大社

 

 

 

 

 

三島大社2

 

 

 

 

 

素晴らしい神社でした。

2015年3月23日

間もなく完成です、大人の隠れ家?

現在リフォーム中の「大人の隠れ家」(?)が間もなく完成します。

P1030030

 

 

 

 

 

やや天井が低いために梁を表しにして空間を少しでも広く使えるようにしています。

P1030033

 

 

 

 

 

階段下のスペースを部分に、オリジナルの棚を付けることになっています。

棚を取付て。家具が入った写真も掲載しようと思っていますので、お楽しみに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年3月9日

バス見学会無事終了しました。

Panasonic「暮らし快適体感フェア」、山下の家具「インテリアセミナー」バス見学会が無事

終了しました、拙い進行で参加された方にはご迷惑をおかけしましたが、参加された方にはこの場を

借りてあらためてお礼をお申し上げます。

P1030017

 

 

新規のお客様、以前参加していただいた方、OB施主の方を含め今回は9組のお客様に

参加いただきました。

午前中にPanasonic「暮らし快適、体感フェア」を見学しました。

P1030020 P1030022 P1030026

 

 

 

 

 

 

 

最新機器の展示だけではなくIH料理ショー、各種セミナーなども行われ活気のある催しでした。

正直、じっくり機器を検討したい場合はショウルームの方がいいと思いますが、新築、リフォーム等

のきっかけづくりにはいいイベントだと思います。

昼食後、午後からは「山下の家具」(亀田店)移動して、「インテリアセミナー」を開催しました。

P1030028

 

 

 

 

初めての試みの「インテリアセミナー」でしたが感触的には成功かなと思いました。

今までの住まいづくりは建物の性能をあげることに力を注いできましたが完成後の暮らしの

アドバイスという点では立ち遅れていたように思います、悪く言えば施主様任せのような感じだった

のではないと思います。

縁あって「山下の家具」さんとのコラボした企画を今回実現することができましたので、これを

きっかけによりきめの細かい提案ができればと思っています。

セミナー終了後、約3000坪の大きな店内を見学させていただきましたが、

「やっぱりいいものはいい…」を実感しました。

今後も新規のお客様への提案はもちろんですが、OB施主様向けの「模様替え教室」等も

考えていきたいと思っています。

お客様へのいい提案ができるようなイベントを含めて情報発信を行っていきますので

よろしくお願いします。

インテリアセミナー資料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年3月6日

バス見学会参加を締め切りました。

バス見学会の申し込みを締め切らせていただきました、今回は9組の方からお申し込みを

いただきました、安全に楽しく、お客様との一日を過ごしたいと思います。

今回は初めて、「山下の家具」さんとのコラボと言うことで”インテリアセミナー”を企画しました。

席の方には若干余裕がありますので、「一日バスで参加する時間はないけど、展示会を見てみたい…

セミナーを聞いてみたい…」と言う方は現地での合流もできますので明日までにご連絡をいただければ

と思います。

今回のコラボをきっかけにして、建物のハードはもちろんですが家具やインテリアも含め総合的な

提案を目指したいと思っています。

2015年2月28日

OB施主様からのご依頼

築16年のOB施主様から「換気システム(アルデ)」の交換の依頼をいただき

施工させていただきました。

現在のように計画換気が義務付けになる以前から「ソーラーサーキットの家」では

計画換気システムを施工していました、今回ご依頼いただいたOB様のお宅では

モーターから異音がするとのことで連絡をいただき、現行のタイプに交換させていただくことになりました。

旧タイプ

P1020998

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現行タイプ

P1030002

 

 

 

 

 

 

 

作業自体は電気工事を含めても半日程度で終わりますが、工事のあと動作確認も含めて

お邪魔させていただき、美味しいコーヒーをいただきながらお話をさせていただき、これからの修繕計画等も

少し聞かせていただきました。

OBの施主様から仕事をいただくことは、個人住宅に携わる者としては非常に嬉しいことで、ありがたいことです。

地域の工務店として少しでも長いお付き合いができるように頑張っていかなければとあらためて感じました。

 

 

 

 

 

 

 

2015年2月25日

火事に遭遇・・・

今日、十日町地域のお客様に「バス見学会」の資料をお届けにあがった帰りに

偶然火事の現場に遭遇してしまいました。

既に消火活動が始まっていましたが、火の勢いは強く、被害も大きそうでしたので

人の被害がなければいいのですが…

それにしても今年は火事が多いようで、会社の近くでも既に2件の火事が発生しています、

原因は色々なのでしょうが、耐震化を進めるだけでなく「家を守る」面から防火について

考えた提案をしていかなければとあらためて感じました。

 

2015年2月23日

大人の隠れ家?、自分へのご褒美?

現在リフォーム中の物件の施工前の様子です。

P1020989

 

 

 

 

 

 

 

何の変哲もない高床式住宅の内部を大人の隠れ家?に向けて変身中です。

「隠れ家」と言うと大げさですが、退職を機に自分の趣味やライフスタイルに合わせたスペースを

作りたいと言うお客様が増えています。

一生懸命な日々を過ごしてきたご褒美を考えてみませんか、どんな「隠れ家」ができるか、

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

2015年1月31日

住宅支援3本の矢?

2015年の住宅購入支援の大枠がほぼ確定しました。

①譲与税非課税枠の拡充・・・  譲与税の非課税枠が1000万円から1500万円に拡充されます。

ただし、2015年末までの契約の場合です

②省エネ住宅ポイント・・・   以前のエコポイントが省エネ住宅ポイントとして復活します、

新築省エネ住宅、エコリフォーム30万ポイント

③フラット350.6%金利優遇・・・ 史上最低金利更新、フラット35だけではなく他金融機関も

金利1%以下の商品が相次ぐ。

2014年は消費増税の反動により全国的に戸建て住宅、新築マンションの落ち込みが目立つことから

経済対策として3本の矢(?)として①~③がほぼ確定しました。

外的な条件としては、住宅新築の有利な条件が備わっています、検討をスタートするにはいい時期に

なってきたのではないでしょうか。

①~③についてはそれぞれもう少し詳しい内容をアップしていきたいと思います。

2014年12月29日

仕事納め

今年も今日で仕事納めです。

後半、HPの更新がなかなかできずに、毎年、今年こそはと思うのですが

終わってみると…です。

今年は消費増税の反動などもあり全体的には、住宅業界としては厳しい1年になったのでは

と思います。

もうすぐ2015年がやってきます、皆様のお役に立つ会社として一生懸命に

がんばっていきますのでよろしくお願いします。

新年は1月5日より営業いたします。

2014年9月27日

I様邸 竣工式

昨日、南魚沼市のI様邸の竣工式に招待いただいて、参加させていただきました。

建物が完成して…和やかな雰囲気で竣工式を迎えられることは、工事が無事に、事故無く

終わったことも含めて、この仕事に携わっている中で非常に嬉しいことです。

私と当社の大工だけでなく、会場の関係もあり全員とはいきませんでしたが協力業者の方にも

参加いただいて施主様と交流を深めさせていただきました。

完成してから始まる本当のお付き合いのいいスタートができたと思っています。

ありがとうございました。

2014年9月9日

ご来場ありがとうございました。

9月6,7日 南魚沼市長森地内での完成見学会を無事に終えることができました。

2日目の7日も天気にも恵まれ、予想以上の方に来場いただくことができました、

どのお客様も熱心に見学されて、よく勉強されてるなぁというのが実感です。

今後も消費増税、相続増税、省エネ基準等の変更など住まいを巡る環境はどんどんと

変わっていくことが予想されます、お客様の役に立つ情報を発信していきたいと思っています。

 

見学会とは関係ありませんが、新潟市、長岡市等でお店を展開されている「山下の家具」さんと

このHPを担当していただいている「アルバ」さんの紹介で今後コラボできることはないかと

打ち合わせをさせていただきました。

家具、インテリア等よりトータルな提案はもちろん、家具付きの完成見学会やインテリアセミナー

等も開催できたらと考えていますので、お楽しみに…。

「山下の家具」HP http://www.yamashitakagu.co.jp/

 

最後になりますが、改めて開催を了承していただいた施主様、ご来場されたすべての方にお礼を

申し上げます。

2014年9月6日

完成見学会 1日目

近隣の地域の中学校の運動会とも重なって日程的にはどうかなと思ったのですが

無事に事故無く完成見学会の一日目を終えることができました。

快く開催をOKしていただいた施主様、ご来場いただいた方、またご迷惑をおかけしている近隣の方には改めて

お礼を申し上げます。

今回のテーマである「光と風を感じる家」のとおり太陽の光いっぱいのI様邸ですので

明日、2日目もスタッフ一同お待ちしていますので、是非お気軽にご来場ください。

 

P1020692  P1020693

2014年6月23日

完成見学会開催しました

21、22日の両日、南魚沼市浦佐地内のJ様邸で完成見学会を開催させていただきました。

消費増税後の初めての見学会でしたので来場数を心配してしましたが、正直なところもう少し

ご来場いただきたかったと言う感じですが、非常に熱心なお客様が多く一時間以上じっくりと

お話したお客様が多かったように思います。

来場数は今後の課題として考えなければならないですが、消費増税後も熱心に住まいのことを

考えられているお客様がいらっしゃることにモチベーションが上がる思いでした。

来場された方には、行きとどかなかった点も多かったと思いますが、これに懲りずに

次回も来ていただければと思います。

快く開催を了解していただいたJ様、ご来場いただいたお客様には改めてお礼を申し上げます。

 

次回は8月か9月に現在施工中の南魚沼市長森地内のI様邸での開催を予定しています。

2014年6月21日

見学会1日目終了

南魚沼市浦佐地内の完成見学会の1日目が無事終了しました。

明日も天気が持ってくれることを祈っています。

 

では、明日も会場でお待ちしています。

2014年6月20日

完成見学会お待ちしています。

明日(21日)から南魚沼市浦佐地内で行わせていただく見学会の準備で

バタバタの一日でした。

行き届かない点も多いとは思いますが、なかなか見られない個性的な住宅ですので

一見の価値ありです。

ワールドカップ観戦の合間に、お気軽にご来場ください、お待ちしています。

2014年6月17日

今週末は見学会です。

今週末南魚沼市浦佐地内で久しぶりの完成見学会を行います。

このところ日程的なこともなって完成見学会が出来なかったのですが施主様の了解も

いただいて行うことになりました。

金曜日に新聞折り込みでチラシが入る予定ですので是非お気軽にご来場いただければと思っています。

今回の施主様は外国人の方で、ある方から「家を建てたい人がいるんだけど…」と紹介されて、

「外国の人…なんだけどいいかな…」と言われました。

当社にとっても自分にとっても初めての外国のお客様…、「言葉は…?」、「融資は…?」等

色んな不安が浮かびましたがとりあえず会ってみると…日本語は流暢ですのでコミュニケーションの

不安がなくなって、外国の方の場合、以前に一度融資の問題で計画がダメになったことがありましたので

融資の問題さえクリアできればと思い、計画を引きうけさせていただきました。

この後も色々とクリアすべきことは多かったのですがその話は後ほど…

施主様が外国からの留学生のために集える場所が欲しいと言うことから始まった今回の家づくり…

週末の見学会でじっくりご覧になってください。

 

 

 

2014年5月2日

明日からお休み

明日から一応当社でもGWということで3日~6日まで会社はお休みとさせていただきます。

連休明けから介護保険を使った住宅改修工事を行います。

どの地区でも高齢化は進んでいると思います、20万円まで工事費のうち9割を補助してくれるもので

段差の解消、手摺、スロープの設置など生活していく上で身近な部分の工事になります。

ケアマネージャーさんと相談の上ということになりますが、高齢者の方がいらっしゃって介護認定を

受けておられる方で日常生活の上で不便さがあるなぁという方は一度検討されてみてはいかがでしょうか。

2014年4月21日

住宅の固定資産税が上がる?

今日(4/21)付けの日本経済新聞に気になる記事が…

住宅の固定資産税と都市計画税の負担が2015年度から重くなる。総務省が建築資材の価格や工事費の上昇を踏まえ、税額の基準になる住宅家屋の資産価値をより高く見積もる方針を固めたためだ。標準的な新築木造の場合は年間の納税額が7%程度上がって5000円近く増え、既存の住宅も納税額が下がりにくくなる。資材価格の高騰が、税負担増という形で消費者に跳ね返る。

固定資産税と都市計画税は建物や土地の持ち主に課す地方税。固定資産税の税率は原則として評価額の1.4%。都市計画税は0.3%だが市区町村によって税率は異なり、導入していない自治体もある。新築の場合は固定資産税を3年間半分に減らす措置がある。

評価額は総務省が3年ごとに見直し、新基準は来年1月1日時点の持ち主に適用する。家屋の評価額を上げるのは09年度以来、6年ぶり。土地の評価は今秋に見直す。

12年度に課税対象だった住宅は約3900万棟ある。評価額が変わると、新築ではない既存の住宅も税負担の下がり幅が小さくなる影響がある。既存住宅はこれまでの税額を上回って課税しない軽減措置があるため、15年度に税額が増えることはない。ただ本来、既存住宅は築年数に応じて評価額が下がって税負担も減るケースが多いが、15年度の評価額が上がれば納税額が下がらず横ばいになる可能性もある。

  (2014年4月21日 日経新聞より)

長い引用になってしまいましたが、住宅関連としては大きな話なので書いておこうと思います。

24日付けの日経新聞の一面の記事ですが、来年度(2015年度)から固定資産税の評価額を上げますという

話です、これによって税収がどれくらい上がってくるのかわかりませんが増税もここまで来たかという感じです。

今年、建てるのと来年建てる家では同じ仕様でも評価額が違ってくると言うことです。

考え方としてですが、同じ資材を使っても値上がりしてるから価値が高くなるということですが、

東京オリンピックに向かう中で資材の値上がりは間違いなく続きます、その中で消費増税と固定資産税の実質的な

増税のダブルの負担増になると思われます。

新築だけでなく既存の住宅の評価も下げにくくなるとのことですので、この先少しこう言ったニュースに注目して

行きたいと思います。

 

 

 

 

 

2014年4月3日

フラット25金利上昇

ちょっと気になるニュースですね。

ずっと低金利で推移していたフラット35の返済期間21年以上の金利が

久しぶりに上がるようです。

(15年以上20年未満は下がるようです。)

返済21年以上、金利上昇=フラット35

 住宅金融支援機構は2日、325の金融機関と連携した長期固定金利の住宅ローン「フラット35」(買い取り型)の4月の適用金利を発表した。主力の返済期間20年以上35年以下(融資率最大9割)は1.75~2.43%(前月1.74~2.40%)と最低金利が9カ月ぶりに上昇。15年以上20年以下(融資率最大9割)は1.47~2.15%(同1.48~2.14%)と最低金利が2カ月連続で下がり、過去最低を更新した。(時事通信)

 

他の民間金融機関にも影響が出るのか、ちょっと気にしてみたいと思います。

 

 

2014年3月25日

J様邸の建方が始まりました。

昨日から南魚沼市浦佐地内でJ様邸の建方工事がスタートしました。

午前中、現場に行って来たのですが、「やっとここまで来た…」という思いと

「ここから、スタート…」という思いが頭に浮かんで来ました。

以前にも書いたのですが施主のJ様は外国の方です、「外国の人で家を建てたい人がいるんだけど…」

と紹介されたのは一昨年のことになります。

土地は希望しているところがあるとのことで話は早かったのですが、資金計画になると

外国の方の場合は日本人に比べてハードルがグンと上がってしまいます。

(以前にも外国籍のお客様から相談をいただいたのですがその時は諸事情でダメでした。)

もちろん施主様は在留許可をお持ちで日本語も流暢に話されるのですが、手続き上は

なかなか大変でした。

地元の金融機関の理解と協力もあって、昨年の秋にようやく着工の運びになり今に

至りました。

このたび、大変お骨折りいただいたF支店長さんが転勤されるとのことで、竣工を見て

いただけないのは非常に残念ですがこの場を借りて改めてお礼を申し上げたいです。

建方工事終了後は、ひとこと声をかけていただければいつでも現場見学可能ですので

お気軽にお声かけください。

 

 

 

 

 

2014年3月18日

魚沼市K様邸 その2

魚沼市K様邸の続きです。

  

使いやすい和洋折衷のお部屋です、 もちろん廊下と部屋の段差なしの

バリアフリー仕様です。

大柄なご主人でもゆったり入れるタイプの浴槽を選びました。

(ユニットバス リクシル)

市松模様が印象的な縁なし畳です。

  

引込の4枚戸を開くと広々とした空間が広がります。

関東地区の大雪の影響でシステムキッチンの設置が遅れた中での完成になりました。

雪消えを待っての外構工事になります、完成後の外観写真はまた後日アップいたします。

 

2014年3月17日

魚沼市K様邸 その1

魚沼市のK様邸の様子をアップしていきます、大きな二世帯住宅ですので多世代での同居をお考えの

方にはピッタリだと思います。

親世帯と子世帯のプライバシーを守りながら同居できるプランです。

2階の子世帯のキッチン(Panasonic)です、二列配置で収納もたっぷりです。

  

2階の洗面ユニットの隣には何かと便利な洗濯流しを配置しました。洗濯流しはちょっとした汚れものから

子供の運動靴まで、あると便利と…好評です。(洗面ユニット、洗濯流し 共にリクシル)

少し広めのトイレには小便器も設置しています、最近は少なくなった小便器ですが

男性には嬉しいですね。(洋便器、小便器ともにリクシル)

内装建具等とも雰囲気をそろえたユニットバス、落ち着いた色遣いで

落ち着いて、一日の疲れを癒せそうです。 (ユニットバス Panasonic)

広々としたLDK、写真ではわかりにくいですが、紅葉柄のクロスが目を引きます。

  

クローゼットの内部は収納量に合わせて、自由に棚、パイプをレイアウトできます。(内装建具 リクシル)

 

 

 

2014年3月15日

引越しのお手伝い

新居もほぼ完成(外構工事等が雪消え後になるため…)した魚沼市のK様邸

で引越しのお手伝いに行ってきました。

当社の職人3人とユニック付きの2㌧トラックを持って行ってきましたよ。

施主さんに取って新居の完成は嬉しいけど、引っ越しは一大事です。

タンス、冷蔵庫、ソファー、ベッドなど大きい家具を運んで欲しいとのことでしたので

少しお手伝いをさせていただきました。

新居に傷をつけてしまったりとかのリスクもあるので十分に気をつけないといけないのですが

施主様と一緒に汗を流すのも楽しい時間でもあります。

魚沼市K様邸の完成写真はまた後日UPしたいと思っていますのでお楽しみに…

※3月24日より、南魚沼市浦佐地内にてJ様邸の建方工事を行います、当社にとって

初めての外国人のお施主様です、どんな家になりますか、乞うご期待です。

※K様邸の内部です。

 

2014年3月5日

関東地区の大雪の影響

2月中旬の関東地区の大雪の影響が大きくなっています。

リクシルの深谷工場の被災をはじめ各メーカーに大きな影響が出ています、三月の

引き渡し物件はもちろんですが今後に関しても納期の大幅な遅れや受注ストップ等の状態が

続いています。

当社も今後の情勢を見極めながらの発注になりそうです、想定を超えた大雪とはいえ

現場の混乱がこれ以上、広がらないことを祈るばかりです。

 

大雪の被害に遭われた方にはこころよりお見舞い申し上げます。

 

2014年3月4日

ご無沙汰してます。

HPの更新がすっかり滞ってしまいました。

ずいぶんと久しぶりの更新ですが、お休みしている間に新築のお客様2件、竣工させていただきました。

その他にも地元の設備屋さんとのコラボしたリフォーム、屋根替え工事(井戸消雪配管付き)等の

大規模なリフォームもありました。

そちらの方に気を取られてすっかりご無沙汰してしまいました。

今日、昨年竣工の魚沼市S様邸の様子を「施工例」の方にアップさせていただきましたので

よかったらご覧になってください。

モノトーンを基調にしたシンプルな内装の落ち着いた家に仕上がっています。

今年度はこまめな更新を心がけていきますのでよろしくお願いします。

2013年8月11日

暑中お見舞い申し上げます。

暦の上ではもうすぐ旧盆で「残暑見舞い」になるのかもしれませんが

感覚的にはまだまだ「暑中見舞い」という感じですね。

このHPを見られている方には身体に気をつけて夏を乗り切っていただきたいと

心より申し上げます。

mた、この暑さの中、建方作業をしている従業員には感謝のみです。

毎日気温が上がって、一部というか何か所も40度以上の気温を記録していて、

先日の東北の大雨といい、この暑さといいまさに異常気象のようになっています。

家づくりに関わる人間にとってこの地域ではいかに冬の寒さを、

快適に過ごすかを考えて来た結果、この地域の住宅は冬、暖かいのは当たり前という

レベルに達しています。

ここ数年夏の時期の高温多湿をいかに快適に過ごすかを考える時期に完全になったような気がします。

これからは夏、暮らしやすい家はどんな家かを住まい選びの一つのポイントにされてはいかがでしょうか。

 

 

2013年8月8日

ローン減税&住宅給付金について

来年の消費税UPに向けた国の住宅支援策が具体的に色々と発表されています。

以前から発表されていた住宅ローン控除の拡充ですが、現行の残高限度額が2,000万円

から4,000万円に拡充されます。残高の1%を控除するのは変わりませんので最高控除額が

20万円から40万円になり10年間控除を受けると最高で400万円の控除になりますが、

もちろんこれ以上に所得税を納めていないと満額の控除はありませんので注意が必要です。

 (読売新聞HPより抜粋)

 

この地域(新潟県魚沼地区)で4,000万以上の住宅ローンを組んでいる方は多いとは言えないと

思いますので「源泉徴収票」や「住民税額決定通知書」で納税額を確認してから試算される方がいいと

思います。(所得税だけで控除しきれない場合は住民税からも控除になりますので所得税+住民税

額をチェックしてください)

住宅給付金制度ですが、ローーン控除の場合は所得の多い方にはメリットが大きいですが年収で言うと

450万円以下の方にはメリットを十分に受けれないといった側面があります。

そこを補うために今回の消費増税では住宅給付金制度が新たに創設されます。

 

 (読売新聞HPより抜粋)

表のように来年(4月)以降に住宅を契約、取得される方に住宅給付金が支給されます、また消費税10%

以降は最高50万円が支給されます。

ローン減税と住宅給付金については以下のような試算もされています。

 

みずほ総合研究所は、年収の7倍の物件を買い、うち約83%を住宅ローンで対応するなどの条件で、消費増税とローン減税の拡充の影響を試算した。

年収600万円以上の場合、消費税率が8%になって住宅価格が上昇しても、ローン減税の拡充により、価格上昇分を上回る減税を得られる。

一方、年収500万円以下だと、ローン減税だけなら、消費税率5%のうちに購入する方が有利だった。ただ、給付金が加われば、年収400万円以下の場合は、税率が8%になった後の方が得になるという。

(読売新聞HPより抜粋)

 

金利状況や取得金額などによって条件は変わってきますのでこういった試算は全てに当てはまるわけでは

ありませんのでこういった外部条件だけではなく、ライフ設計に合わせてご計画されるのが一番いいと思い

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年7月26日

ローン減税&住宅給付金

消費税増税後のローン減税&住宅の新規購入者への住宅給付金の大枠が決まったようです。

【日本経済新聞 抜粋】

来月以降説明会が随時開催されるようですので参加して来たいと思っています。

消費増税後の落ち込みを何とか最小限に抑えたい政府の政策が見えてきます、消費税8%時に

購入した人には最大30万円、10%時に購入した人には最大50万円が給付されます。

給付条件には年収等の条件がありますので詳しいことは説明会で資料をよく読んでからアップしたい

と思います。

現金給付に踏み切る裏には住宅ローン控除の恩恵は限定的ということもあって、現金給付が実施

されるようです、この「すまい給付金」はローンを組まずに購入された方にも適用になるようですが

少し条件は厳しくなるようです。

いずれにしても来月以降の説明会で詳しく聞いてこようと思っています。

 

 

 

1 / 212